修学旅行 京都編

  • 2017.10.29 Sunday
  • 10:28
今回の旅行中のおこずかいは皆一律1万5000円でした。
これで、家族や友人にお土産を買い、更に昼食や自分へのご褒美を購入するのです。
普段から、買い物慣れしていない家の娘には、若干の不安が残るものの、これもよい勉強だと快く1万5000円を託したのでした。

京都に着くと、早速お土産屋さんに誘導されたらしい。
お土産屋のおばちゃんも毎年の事で手慣れた様子で、『〇〇中の子はこっちよ〜!〇〇中は向こうね。』と段取り良く子供達を動かし試食させてくれたようだ。
娘『それがさぁ、気の弱い子は断れなくてね、おばちゃんに言われるがまま八ツ橋購入させられちゃって、一人一箱づつ八ツ橋買わされたり、八ツ橋だけで、一万円分も購入ししゃった子が居たり、本当ビックリだよね〜(^-^)』
私『えっ?断ればいいじゃん。Σ( ̄ロ ̄lll)』
娘『それが出来ないんだって!店入ってすぐに〇〇中の皆さ〜んって言われた時は私もビックリしたもん。何で分かったんだろう。。って、更に〇〇中の〇〇さん、こっちよ〜!って名前まで呼ばれたら、ドキッとするでしょ!(笑)』
うちの制服に名前入ってるじゃん!!
そんなことでビビるなよ、、はぁ、気付かないうちにかなりの田舎者になっていたらしい、、
これは、東京なんか行ったら、高い絵買わされるわ、、

京都の移動は電車やバスを使って、子供達が目的地まで向かうのですが、これも普段、車移動がほとんどの為、なかなか難しい。
GPS付きの携帯を班に一つ持たされているのですが、全く違う方向に進むGPSを先生達は、ヒヤヒヤしながら見ているのでしょう(苦笑)
『先生、今、琵琶湖が見えます』なんて電話がかかってきたこともあったとか(笑)
いっそのこと、タクシー行動にすればよいのに、、と私なんかは思ってしまいますが、駄目なんでしょうか?
関東で暮らしていた時は、電車に乗れない=お嬢様  なんて言われていたのが、ここでは、単なる田舎者だから、、になっている事に気付く今日この頃。
翌日のUSJでは何が起こるのか、、         次回に続く

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

TIME

地域情報

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM